メニュー

朴葉寿司

ほおばずし

朴の木の葉で、酢飯を包んだ初夏の風物料理です。朴葉は、殺菌効果があるといわれ、手も汚さず食べられることから、農作業や山仕事の携帯食として作られたのが始まりです。酢飯の上に具材を並べるものや混ぜこむものがあり、また入れる具材も地域によって異なり、さまざまな味が楽しめます。

レシピを見る

ごっつおが食べられる店・買える店

白川茶屋
加茂郡東白川村

住  所:加茂郡東白川村五加3323-1[地図
電  話:0574-78-3358
営業時間8:00~17:00
定 休 日火曜日、冬季休業(1月、2月)
駐 車 場:10台
アクセス 中央自動車道「中津川IC」から車で約50分
濃飛バス「五加富士屋」からすぐ
shop_cook
東白川村産の愛情生かしたおかあさんの味
「食べて 納得の味!」手作りの味に舌鼓。農業婦人部「美味作」のおかあさんたちが20年おいしいお寿司を作り続けています。山間地特有の気象条件で育った東白川村産コシヒカリに、しその実で彩を添えました。
提 供 期 間5月下旬~7月上旬
電話にてご確認ください
shop_message
<お店からのメッセージ> 郷土選りすぐりの食材に愛情をたっぷり込めて作っています。

JAグリーン(株)味彩
下呂市小川

住  所:下呂市小川332[地図
電  話:0576-25-4405
営業時間8:00~17:00
定 休 日無休
駐 車 場:20台
アクセス JR高山本線「下呂駅」から車で約8分
shop_cook
宅配でも人気の香り豊かな初夏の味
各家庭で手作りされることが少なくなる中、郷土料理継承のために提供を開始しました。下呂地区ではさっぱりとした味が好まれており、県産米とみょうがだけを使いシンプルに仕上げています。5月下旬~7月上旬ごろまでの限定販売です。
提 供 期 間5月下旬~7月上旬
電話にてご確認ください
shop_message
<お店からのメッセージ> 初夏の季節限定です。ぜひ一度ご賞味ください。

レストラン 飛山
下呂市金山町

住  所:下呂市金山町金山1885-3[地図
電  話:0576-32-2080
営業時間8:30~18:30(土日19:30)
定 休 日無休
駐 車 場:20台
アクセス JR高山本線「飛騨金山駅」から車で約5分
shop_cook
里山の新緑に香る素朴な風韻
国道41号線開通と同時に創業した飛山は飛騨の南玄関口として、多くの旅人に愛されています。吟味された旬の食材を取り入れたお寿司は絶品。下呂市金山町のみで生産されている「ひじり茸」も大きな話題を呼んでいます。
提 供 期 間5月上旬~7月上旬
電話にてご確認ください
shop_message
<お店からのメッセージ> 風薫る季節には里山の素朴なグルメをお楽しみください。
朴葉寿司レシピ
所要時間 : 40分
材  料 :

(4人分)

・米・・・・・3カップ(3合)

・酢・・・・・60ml

・さとう・・・・・80g

・塩・・・・・小さじ2

・朴葉

・具(お好みで)卵焼き、ふき、ます、酢さば、しぐれ、きのこ、紅しょうが、しいたけ、しそ、ささげ、さば、さんしょ葉、など

手順

①ご飯はやや固めに炊き、合せ酢を混ぜる。

②具を準備する。(季節により、いろいろの幸を煮付けて別々に冷ます)

③朴葉はぬれ布巾で汚れを取る。

④二つ折り または 三つ折りにして葉に包む。

⑤完成。

料理のコツ・ポイント

・朴葉の汚れを取る際には、破れてしまわないように優しく行います。

・具の用意ができたら、朴葉に茶碗一杯くらいの酢飯をのせ、1cmほどの厚さに広げます。

その上にお好みの具材をのせ、葉に包んだ状態で半日程度置くと朴葉の香りが酢飯にしみ込みます。

・酢飯が温かいうちに包むと葉の香りは良くしみこみますが、葉が変色する事があります。

・朴葉は岐阜県内のスーパーなどで販売されておりますが、季節の物なので入手できない時期があります。

ネットでは1年中いつでも購入する事ができます。