メニュー

千石豆

せんごくまめ

岐阜市南部で栽培されています。ふじまめのことで、さやの形が千石船に似ていること、また高温や病気に強く、たくさん実をつけることから「千石豆」と呼ばれています。若莢には豊かな風味があり、地元ではスジをとったものを茹で、味噌和えなどにするのが人気です。
○主な栽培地域
岐阜市
○収穫時期
4月下旬~10月
ごっつおが食べられる店・買える店

おんさい広場 はぐり店
羽島郡岐南町

住  所:羽島郡岐南町三宅9-50[地図
電  話:058-245-8881
営業時間9:30~17:30(4月〜10月)/9:30~17:00(11月〜3月)
定 休 日12/31~1/5
駐 車 場:112台
アクセス 東海北陸自動車道「岐阜各務原IC」から車で約5分
shop_cook
食べる時期は早すぎても遅すぎてもアウト
豆が熟する前のまだ薄い若いさやを食用にしています。収穫が早すぎると風味が弱く、遅いとさやが固くなってしまいます。キヌサヤやサヤインゲンと同じように調理します。
提 供 期 間通年
電話にてご確認ください
shop_message
<お店からのメッセージ> 生産者が丹精込めた旬の新鮮野菜、食材を毎日たくさん取り揃えております。

JAぎふ KOME米HOUSE本荘店
岐阜市敷島町

住  所:岐阜市敷島町7-7-3[地図
電  話:058-254-0070
H   Phttps://www.jagifu.or.jp/market/detail_26.html
営業時間9:30~18:00
定 休 日無休(年末年始を除く)
駐 車 場:10台
アクセス 東海北陸自動車道「岐阜各務原IC」から車で約10分
JR東海道線「岐阜駅」から車で約10分
shop_cook
農家が守り続ける「千石豆」
郷愁を誘う味わい
岐阜市南部地域では、昔はほとんどの農家で作っていました。しかし、近年生産者は減り、希少な野菜となっています。独特の青々しい香りと風味豊かな味わいが特徴で、天ぷら、ごま和え、煮物、すまし汁など、様々な料理に使われる万能食材です。
提 供 期 間4月上旬~7月下旬
電話にてご確認ください
shop_message
<お店からのメッセージ> 皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。