メニュー

南飛騨富士柿

みなみひだふじがき

下呂市で栽培されています。栽培がいつ頃どのような経緯で始まったかは定かではありませんが、指導者の存在により昭和5年頃から本格的に普及し始めました。10月下旬から11月上旬頃に収穫される不完全渋柿です。果実は四角ばり、1果300から350gになります。果皮には小黒点ができます。
○主な栽培地域
下呂市(旧萩原町)
○収穫時期
10月下旬~11月上旬
ごっつおが食べられる店・買える店

富士干柿生産グループ
下呂市萩原町

住  所:下呂市萩原町野上390[地図
電  話:0576-54-1029
営業時間9:00~16:00
定 休 日無休
駐 車 場:3台
アクセス JR高山本線「上呂駅」から車で約5分
JR高山本線「下呂駅」から車で約15分
shop_cook
樹齢90年以上の木から
選りすぐりの柿を使用
樹齢20~30年の若い木は生柿用。干し柿には樹齢90年以上の木にできたものしか使いません。マグロでいえば養殖と天然ほどの違いがあるとのこと。現地で生産しているのはこのグループのみ。リピーターが多く、全国へも発送されています。
提 供 期 間12月中旬~2月下旬(地方発送あり)
電話にてご確認ください
shop_message
<お店からのメッセージ> 柿はビタミンたっぷり。元旦に食べると病気をしないと言われていますよ。