メニュー

守口だいこん

もりぐちだいこん

根長は1m以上で、大根の中でも特に長い部類に入ります。長良川流域に広がる深い砂質土壌が栽培に適していることから岐阜市の則武、鷺山、島地区で19世紀後半から栽培が始まりました。品種選抜と畑の深耕に努めた結果、現在の1m以上の長い根長をもつようになったといわれています。主に粕漬けに利用されます。
○主な栽培地域
岐阜市、各務原市(旧川島町)
○収穫時期
12月~翌年1月
ごっつおが食べられる店・買える店

丸高守口漬本店
岐阜市則武中

住  所:岐阜市則武中3-21-11[地図
電  話:058-231-0677
営業時間8:00~18:00
定 休 日日曜日・祝日
駐 車 場:3台
アクセス 東海北陸自動車道「岐阜各務原IC」から車で約25分
shop_cook
杉樽を使って2年以上手間暇かけた
本物の味
生の守口だいこんから、塩漬け2回、酒かす漬け4回を繰り返し2年以上の歳月をかけて製造します。根気のいる作業を経て穏やかな甘さとかりかりとした歯ごたえになり、つややかなべっこう色となります。杉樽を使うことで仕上がりも格段によくなります。
提 供 期 間通年
電話にてご確認ください
shop_message
<お店からのメッセージ> 古くから伝わる、味わい深い守口漬をぜひご賞味ください。