メニュー

水まんじゅう

みずまんじゅう

大垣は古くから豊かな地下水に恵まれ、「水の都」と言われています。この名水によって江戸末期から明治時代初期に生まれたのが「水まんじゅう」。葛澱粉で餡を包み水で冷やした生菓子で、独特のつるりとした舌触りがします。水の中に並べられるその涼しげな姿は、夏の風物詩となっています。
ごっつおが食べられる店・買える店

金蝶堂総本店
大垣市郭町

住  所:大垣市郭町3-13[地図
電  話:0584-78-3348
H   Phttps://kinchoudo.jimdo.com/
営業時間7:45~18:00
定 休 日無休
駐 車 場:1台
アクセス JR東海北陸道本線「大垣駅」から徒歩約10分
名神高速道路「大垣IC」から車で約10分
shop_cook
「涼」と「楽しさ」感じる 夏の風物詩
金蝶堂總本店の水まんじゅうは、「涼」をとる目的と、その器から取り出すときの「楽しさ」を感じてもらえるように、カップ入りで販売されています。こし餡の甘みがしっかりしていて、さっぱりとした葛とのバランスが絶妙なお味です。
提 供 期 間4月~10月
電話にてご確認ください
shop_message
<お店からのメッセージ> 水まんじゅうは大垣の名物です。各店それぞれが自信をもって提供してますので、ぜひ大垣へお越しください。